店長Blog

  • 2014年04月14日(月)

    温湿布と冷湿布について

    湿布は大きく分けて、冷湿布温湿布があります。

    冷湿布をさらに分けると、冷却材(ひえぴたの様な物)と冷湿布(薬効成分配合)があります。

    温湿布は、基本的に冷湿布に「トウガラシエキス」が添加されているもので、他の冷湿布とほとんど成分が変わりません。  

    2湿布温めた方がいいか、冷やした方がいいかは、症状によって異なります。   慢性の場合は温める、急性で炎症のある場合は冷やすと覚えてください。   急性の場合は、一般的には冷やす方法が主になります。

    テニスやゴルフなどの激しい運動をして痛めた場合も、冷やした方が良いことの方が多いです。  

    慢性症状には、ほとんどの場合温めます。  

    患部に炎症が起きていることが明らかな場合は、炎症が落ち着くまで冷やし、落ち着いたら温めます。

    詳しくはサロンまでお気軽に、ご相談下さい。

     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*  

    渋谷 指圧・マッサージ一癒(ひとやすみ)  

    〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-2   ノ

    ア渋谷903  

    電話 03-6280-7788    

     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    Share on Facebook
    LINEで送る

    店長Blog一覧へ戻る

2014年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

テーマ