店長Blog

  • 2015年07月21日(火)

    【マタニティマッサージ】『妊婦さんと腰痛①』

    妊娠中は身体がどんどん変化していきます。

     妊婦さんにとって、いつもと違う身体の様子に戸惑うことも多いでしょう。

     さまざまな変化が起こる中で、妊婦さんを悩ませる症状のひとつが腰痛です。

     腰痛が起きると、動くのもおっくうになり、じっと寝ていられないほど辛くなる場合もあります。  

    そこで、妊婦さんの腰痛を解消するための、さまざまな対策案をご紹介します!

    【原因】

    腰痛を感じる妊婦さんは、たくさんいらっしゃいます。

    今まで全く腰痛を感じたことがないというかたも、妊娠を機に腰痛を感じるようになったという場合もあります。

    では、なぜ妊婦になると腰痛を感じるようになるのでしょうか!?

    おなかの重みを支えるのもありますが、ホルモンの影響が関係していいます。

    妊娠すると、妊婦の身体は赤ちゃんを育てるための環境を整え始めます。

    妊娠初期に活発に分泌されるリラキシンというホルモンは、骨盤周りの靭帯をゆるくさせる働きがあります。

    これは、赤ちゃんを育てるためのスペース作りと、出産時に産道を通るために作用します。

    ただ、骨盤周りの靭帯が緩むことで、腰周りが不安定になります。

    だから、腰痛が発症してしまうのです。

    【骨盤と腰痛】

    骨盤周りの靭帯が緩むと、関節とのバランスが不安定になります。

    骨盤は、2つの腸骨、仙骨で形成されていますが、仙骨は背骨とつながっており、腸骨は股関節で脚と接続しています。

    このことから、骨盤の靭帯の緩みは全身に影響してくるのです。

    バランスが崩れることで、筋肉が緊張し、それが腰痛の原因となってしまいます。

    【緩んだ靭帯はベルトで補強】

    妊娠中は、ホルモンの影響で骨盤周りの靭帯が緩み、腰痛が引き起こされます。

    このケースの腰痛対策としては、ベルトで靭帯のサポートをすると良いです。

    骨盤ベルトを巻きつけることで、腰痛を解消しやすくなります。

    ※きつめに巻きすぎるとお腹まわりを圧迫してしまうので、医師と相談しながらベルトを調整していきましょう。

    また、ホルモンの影響で靭帯が緩んでも、ある程度筋肉がついていればサポートすることができます。ウォーキングなど、無理のない範囲で軽めの運動を持続できるようにしましょう。

    ※歩くことで腰痛が悪化するようなら安静にするべきです。もともとの筋肉量が少ない場合や、靭帯が強くない人の場合、運動により腰痛の痛みが強く出るケースがあります。

     

    お読み頂きありがとうございました。

     

    妊娠中の肩こり・腰痛や疲れ、だるさ、むくみなどにお悩みでしたら、

    プロの手によるマタニティマッサージを受けられるのもおすすめいたします。

     

    ================================
    渋谷 指圧・マッサージ一癒(ひとやすみ)
    〒150-0042
    東京都渋谷区宇田川町36-2 
    ノア渋谷903
    ご予約 03-6280-7788
    ================================

     

    Share on Facebook
    LINEで送る

    店長Blog一覧へ戻る

2015年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

テーマ