店長Blog

  • 2015年07月22日(水)

    【マタニティマッサージ】『妊婦さんと腰痛②』

    【姿勢への影響】

    妊婦になると、お腹が徐々に大きくなってくるため姿勢が変化してきます。

    この姿勢も腰痛に大きく影響してくるものです。

    上半身を後ろに反ることが多くなるため、関節に負担がかかり腰痛を発症させます。

    この場合の腰痛対策としては、背もたれやクッションを活用すると良いです。

    できるだけ背もたれギリギリにお尻を寄せて、背もたれに持たれることで、腰痛は幾分か解消されるでしょう。

    硬い背もたれの場合は、クッションを挟むのがオススメです。

    お腹を背もたれで支えることを意識するだけでも、腰痛対策になるので是非実践してください。

     

    【体重の変化による影響】

    妊婦さんの腰痛は、体重の変化でも引き起こされます。

    胎児の成長に合わせて、子宮は大きくなりますから、必然的にお腹は重くなります。

    それに加え、食べつわりなどで、過食状態にある妊婦さんは、腰周りに脂肪がつきやすく体重も一気に重たくなります。

     身体全体が重たくなると、腰痛が発症しやすくなるので、食事や運動でコントロールしていきましょう。

    栄養価が高く、ローカロリーの食材を選ぶことで、腰痛対策を強化していきましょう。

    お肉ではなく大豆からタンパク質を取る、野菜中心のメニューにするなど、腰痛を解消するためだけでなく、母体や胎児にとっても食事のコントロールは大切です。

     

    お読み頂きありがとうございました。

     妊娠中の腰痛や肩こり、疲れ、だるさ、むくみなどにお悩みでしたら、
     プロの手によるマタニティマッサージを受けられるのもおすすめいたします。

    ================================
    渋谷 指圧・マッサージ一癒(ひとやすみ)
    〒150-0042
    東京都渋谷区宇田川町36-2 
    ノア渋谷903
    ご予約 03-6280-7788
    ================================

     

    Share on Facebook
    LINEで送る

    店長Blog一覧へ戻る

2015年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

テーマ